佐世保地域の特色について詳しく解説します

佐世保市は長崎県の北部にある都市で、市の西部から南部にかけては湾に面しています。また、市の東部は焼き物で有名な佐賀県の伊万里市および有田町と境を接しています。2017年現在の市の人口はおよそ25万人です。ここはかつて軍港として栄えた場所で、横須賀(神奈川県)、呉(広島県)、舞鶴(京都府)と共に鎮守府(旧日本海軍の重要拠点)が置かれました。現在でも海上自衛隊や在日アメリカ海軍の重要拠点となっています。また、造船業を中心とした重工業が盛んであるのも、当時からの流れを引き継いでのことです。この地域のご当地グルメとして有名なのはハンバーガーです。具材やスタイルなどに関しては特に統一されたルールは決められていません。各店が独自の人気メニューを考案し、人気を競い合っています。

鉄道路線をはじめとする交通事情

市内では3つの鉄道路線が運行されています。その1つがJR佐世保線です。佐賀県の肥前山口駅を起点とし、佐世保駅を終点とする、佐賀県と長崎県を東西に結ぶ路線です。そしてもう1つがJR大村線です。市内にある早岐駅から長崎県南部の諫早市にある諫早駅に至る路線で、県内を南北に縦断しています。これらJRの2路線は早岐駅で接続しており、相互に乗り換えが可能です。3つ目の路線は、私鉄である松浦鉄道の西九州線です。隣接する佐賀県有田町の有田駅を起点とし、県の北部から回り込む形で終点の佐世保駅に至ります。なお、市内には6事業者が運行する路線バスもあって、市内各所へ行くことができます。加えて、西九州自動車道のインターチェンジが5つ、西海パールライン有料道路のインターチェンジが2つ、市内に整備されています。

多くの人々が訪れる観光名所・レジャースポット

ここは多くの旅行者が訪れる観光都市としても知られています。市内にあるとりわけ有名なレジャースポットに「ハウステンボス」があります。オランダの街並みが随所に再現されている日本最大級のテーマパークです。こちらの最寄駅はJR大浦線のハウステンボス駅です。そして、別の観光スポットは「九十九島」です。小さな島々がたくさん点在するためこのような名前が付けられていますが、実際には208の島々で構成されています。一部は隣接する平戸市の市域ともなっていますが、これらの島々はその全域が「西海国立公園」に指定されています。高台から一望できる海や島々の景観が多くの観光客に人気で、いくつもの公園や展望台がビュースポットとして整備されています。市内からも九十九島方面へ向かう航路が整備されています。

佐世保生まれの健康茶・佐世保で古くから伝わる本格あまざけを数多くご用意しております。 長崎ならではのすり身・高島の魚を使ったちくわもお取り寄せ頂けます。 お問合せはお電話・お問合せフォームからお伺いいたします。 HPにてご利用ガイドもご用意しておりますので是非参考にして下さい。 佐世保を代表する伝統工芸品「三川内焼」の美しい模様が描かれたマグカップ多数ご用意しております。 ギフトに便利な佐世保の特品を通販で