一度は訪れてみたい佐世保の魅力について

長崎県の北部地方には、佐世保市という九州の中でも比較的大きな町があります。日本の中でもとりわけ異国の雰囲気とオーラを出しているとも言われていて、ハウステンボスなどを眺めていると長崎県は少し特別な場所かもしれません。台風が直撃しやすいため農作物に被害が出やすい環境ですが、毎年観光客の数が増加している傾向にあります。その理由は佐世保市には、この町でしか味わえないグルメや絶景を楽しめるような魅力があって、リピーターの数も後を絶たないほどと言われています。年間の平均気温が一年を通して比較的に温かく、冬の時期でも雪が降ることはほとんどないのどかで温暖な町として全国からも人気が高まってきています。一体どのような魅力があるのかを具体的に説明したいと思います。

数え切れないほどの無人島の景色に圧倒される

佐世保市には、北方に長い距離に渡ってつながった九十九島と呼ばれるリアス式海岸の群島があります。全域が西海国立公園にも指定されていて、島の数は約200以上とされています。この地は古くから海外との外交が行われていて、オランダとの国交を結ばれたりもしました。鮮やかな海の色と独特な島には外国人たちも絶賛して、今では展望台から島全体の景色を眺めるスポットがあります。周辺には赤いレンガでできたハウステンボスやレストランなどが多くみられますが、これはオランダの文化を吸収してきた証でもあり、色鮮やかな赤の雰囲気には日本とは思えないくらい異国の雰囲気を醸し出しているのが目で見てもよく分かります。そして鮮やかな青い海と緑の島々が加わって、日本の他の地域では味わえないほどの絶景を楽しむことができます。

国際色豊かな町が生み出した食文化を存分に楽しむことができる。

長崎は昔からオランダや中国との関わりが深かったため、国際色が豊かな食文化が生まれやすかったと言われています。中国商人の行き来も盛んだったため、今でも多くの中華街で肉まんなどは有名です。第二次世界大戦の時期は日本全体が食糧難でしたが、後にアメリカ海軍からハンバーガーの作り方が伝わりました。当時は西洋風のハンバーガーでしたが、時間が経つにつれて佐世保風にアレンジされたハンバーガーが一般的になります。しかし一般的なチェーン店で売られているのとは違って素材やソースなどにもこだわっているのが特徴です。少し価格は高いですが、この町でしか食べられないハンバーガーとして非常に人気が高いのです。約60年の歴史があるハンバーガーを味わえるのは、他の町ではありえないことです。