佐世保を訪問する前に知っておきたい基礎知識を説明します

旅行の目的には「観光地を巡ること」「美味しい食べ物を食べること」「日常の疲れを癒したい」などがあります。長崎県にある日本で有名な観光都市の佐世保はその目的を満たすことができる地域です。観光スポットには、大人も子供も楽しめる有名テーマパークのハウステンボス、遊覧船での海の散歩や水族館での魚観賞などができる九十九島パールシーリゾート、動物たちと触れ合える長崎バイオパークなどがあります。食べ物には手作りの佐世保バーガー、薄切りで食べやすいレモンステーキ、九十九島かきなどがあります。人口も251,973人(平成29年7月1日現在)で長崎市の次に人口が多く交通の便は良いです。訪れる前に知っておいた方が良いことは、観光地や食べ物以外にも沢山あります。

日本一のものや舞台となった作品がある

四ヶ町商店街は全長968メートルあり、切れ目のない直線アーケード街としては日本一です。JRの駅から歩いていける距離にあります。また、四ヶ町商店街の近くにある松浦鉄道の区間は日本一駅間距離が短いということで知られています。距離は200メートルです。洞窟遺跡が31ヶ所あり現在日本一で、まだまだ増える可能性があります。泉福寺洞窟、福井洞窟は国の史跡に指定されています。泉福寺洞窟では1万2千年以上も前の土器が発見されました。土地に関係している映像作品もあります。漫画原作のアニメ「坂道のアポロン」は、1960年代後半の街並みを舞台にしています。2018年に公開される同作品の映画や、他にもNHK朝の連続テレビ小説「てるてる家族」のロケ地として使われています。

歴史や文化や文化的価値のある建造物と景観

明治初期には人口数千人の村でしたが、軍港とともに発展し、今では20万人を超える都市となりました。アメリカ海軍の基地もあり、息づいているアメリカ文化を感じることができます。外国人バーやジャズバーなど多くあり、有名なご当地バーガーは米軍基地からレシピを教わり作ったことが始まりとされています。国重要文化財(建造物)に指定された「旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設」は、日本海軍の無線送信所として作られましたが、現在では役目を終えています。同じく国重要文化財(建造物) に指定された「黒島天主堂」は明治時代にフランス人の神父と信徒らにより教会として建設されました。潜伏キリシタンと関係の深い建物です。国選定の重要文化的景観に「佐世保市黒島の文化的景観」があります。防風林に使用されたアコウの木と石垣の印象的な景観が見られます。